ルネッサンス_悩み系

AGA治療は育毛サロンにはない医学的アプローチ


医療としての科学的検査

医療機関ではない、いわゆる育毛サロンなどでは生化学、血液学などの血液検査や遺伝子検査は行うことができません。

そのため、マイクロスコープで頭皮の状態を確認して「皮脂がたまりやすいようですね」「毛が細くなっています」など 視覚による検査が中心のところも多いようです。

検査といっても治療のためのデータを取得することは難しく、 資格のないスタッフがマニュアルによって育毛処置を行うという場合もあるようです。

AGAの治療は、あくまでも医療行為。そこで行われる検査は医学的に行われます。

 ・アンドロゲンレセプターの感受性を調べる「アンドロゲンレセプター遺伝子検査」

 ・ジヒドロテストステロン(DHT)の量を測定するジヒドロテストステロン(DHT)検査」

 ・頭部の油分、水分を測定し頭皮環境を判定する「オイリー&モイスチャー検査」

 ・体内有害金属の蓄積度と必要ミネラルの過不足を測定する「毛髪ミネラル検査」

 ・末梢血管の血流を測定し喫煙や食事などの影響を調べる「末梢血管血流検査」

 ・唾液中のアミラーゼの分泌量でストレス環境にあるかを調査する「ストレス検査」

などがあります。育毛といっても身体の中の働きに関係しているのです。 例えばあなたの持病や既往症についても充分な理解のうえで的確なアドバイス、カウンセリング、治療を行うことができるのです。

相談するのであれば、お医者さん。身体のことですから信頼し安心できるお医者さんをお薦めします。

AGA(男性型脱毛症)治療 無料相談を受付中!